東京大学大学院工学系研究科
マテリアル工学専攻 吉田(英)研究室(構造セラミック材料学)
H. Yoshida Laboratory (Structural Ceramics)
Dept. Materials Science, School of Engineering, The University of Tokyo

ご挨拶

構造セラミックス材料の機械特性は、結晶粒界や界面における原子配置、化学組成により大きく左右されます。また、構造セラミックの耐熱性や可塑性を決定する高温物質移動現象が、外部からの電磁場によって大幅に変化することが明らかになりました。本研究室では、粒界における微細構造や物質輸送の制御に基づく構造用セラミックスのユニークな機械特性の発現、また変形・破壊機構と原子間相互作用の理解に基づく新規構造セラミックス材料の開発を目指しています。最近の研究テーマは次のとおりです。

  • 粒界制御されたセラミックスの高温変形および破壊
  • 強電界下セラミックス超塑性変形
  • 強電界下セラミックスの力学応答と物質移動現象
  • ユニークな異方性微細組織を使用したセラミックの機械的特性の向上
English ver.

The mechanical properties of structural ceramics and composites are governed by the atomic configuration and chemical composition at the grain boundaries and interfaces. In addition, our research has revealed that the high temperature mass transport phenomenon that determines the heat resistance and plasticity of ceramics is significantly influenced by externally applied electro-magnetic fields. Our laboratory aims to develop unique mechanical properties in structural ceramics by means of controlling grain boundary structures and to develop new structural ceramics based on understanding of deformation / fracture mechanisms and atomic interatomic interaction. Recent research topics are as follows.

  • High temperature plastic flow and failure of grain boundary-controlled ceramics
  • Superplastic flow of ceramics under applied strong electric fields
  • Mechanical response and mass transport phenomena of ceramics under strong electric fields
  • Improvement of mechanical properties of ceramics using unique anisotropic texture

お知らせ

黎烈暘さん(M2)が、粉体粉末冶金協会2022年度春季大会において優秀講演発表賞を受賞しました。
日本金属学会関東支部第18回ヤングメタラジスト研究交流会において、青木勇太さん(M1)が最優秀ポスター賞、中村綾さん(M1)が優秀ポスター賞を受賞しました。
玉生大貴さん(M2)が、日本セラミックス協会第34回秋季シンポジウム・高密度化の科学と技術において優秀講演発表賞を受賞しました。
各ページを更新しました。
青木勇太さん(M1)と中元綾乃さん(M1)が、粉体粉末冶金協会2021年度春季大会において優秀講演発表賞を受賞しました。
ホームページを開設しました。
PAGE TOP